バストアップは女性ホルモンを摂れば良い?

バストアップ,女性ホルモン,大豆イソフラボン

 

バストアップのために、女性ホルモンを活発にすればいいといったことは有名ですよね。しかし、それはなかなか難しいです。

 

豆乳や豆腐といった大豆製品には、大豆イソフラボンという女性ホルモンに良く似た成分が含まれているために、バストアップに効果的だという話も、知っている人は多いはずです。美容目的のために、毎日豆乳を飲んでいるとう女性もいるのではないでしょうか。

 

しかし、バストアップのために豆乳さえ飲んでいればいいと思ったら、それは間違いなのです。せっかく女性ホルモンに似た成分を摂取したところで、バストが成長する環境が整っていなければ、ほとんど意味がないのです。

 

不規則な生活を送っていたり、運動をまったくしないといった生活を送っている場合、せっかくの豆乳の成分も有益に働いてはくれないでしょう。効果を実感したいなら、規則正しい生活を心がけることも重要と言えるかもしれません。

 

規則正しく生活していても、大豆製品ばかり食べているのは考え物です。いくらバストアップのために女性ホルモンに似た成分を摂取したいからと言って、大豆製品ばかり食べていては、栄養が偏ってしまいます。すると、本来の効果を発揮することはできないでしょう。

 

バストアップのために大豆製品を摂取するなら、きちんと他の栄養も摂ることを考えないといけません。女性ホルモンに似た成分を摂ることで、バストアップ以外にも肌がきれいになるなど女性にはうれしい効果が期待できるはずなので、適度に摂取したいですね。

 

またサプリメントにより大豆イソフラボンを摂取する場合は、過剰摂取の心配があります。
大豆イソフラボンの摂取量は1日に70〜75mg以上が上限となっています。そのうちサプリメントや健康食品での摂取量は30mg/日に抑えるのが望ましいのです。

 

大豆イソフラボンを摂り過ぎてしまうことで、女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。エストロゲンの分泌に影響を与え乳がんのリスクが高くなったり、胃腸障害が起きたりすることもありますので注意しましょう。