バストアップ手術(豊胸手術)のデメリット

バストアップ手術,豊胸手術

 

バストアップの方法のひとつに、手術があります。

 

豊胸手術は昔からありますし、認知度としては高いですが、メリットばかりではありません。

 

豊胸手術のデメリット

まず、手術ですから体にメスを入れるので、当然ながら痛みを伴います。手術後はお風呂にしばらく入れないですし、さらに手術方法によっては数日安静にしていないといけないため、仕事を休まないといけなくなるかもしれません。

 

バストアップ手術ではシリコンバッグを入れることが一般的ですが、体に異物を入れるということに抵抗を感じる人も多いことでしょう。一昔前は、シリコンバッグが体の中で爆発するということもあったそうです。

 

今ではそういった事故は激減していますが、どこかに強く胸をぶつけたりしたら破裂することはあるかもしれません。

 

また、手術後に胸にしこりができてしまったり、思い通りの大きさや形にならなかった、明らかに豊胸したと丸わかりの見た目になってしまった等、デメリットもあるのです。

 

もちろん費用も高額です。昔よりも安くなっているでしょうが、バストアップの手術後はメンテナンスが欠かせないために、一生出費が発生してしまうのです。

 

ヒアルロン酸注入はどうなの・・・?

バストアップの方法には、ヒアルロン酸注入という手もあります。

 

これは手術とは違ってメスは使わず、注射でヒアルロン酸を胸に注入するだけです。

 

手術よりも費用は安く、日帰りで可能なので手軽ですが、ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されてしまうので、数か月しか持ちません。継続して続ければ、結果的にかなりの高額になってしまうでしょう。


ヒラクアップの口コミ体験談

驚くほど簡単にバストアップできました。
普段はパッド付きのブラを付けていたので周りからは気づかれませんでしたが、私の胸はブラジャーを外すとぺったんこになる胸でした。
彼にも「もっとあると思ってた・・・」と言われてくやしくて悲しくて、絶対にバストアップすると決意しました。

 

豊胸手術しかないのか・・・と思いましたが、調べているうちに手術しなくても胸を大きくすることができる方法があると知りました!
それがヒラクアップ。モニター募集していたので申し込んでみました。

 

やりはじめて2週間ほどはほとんど変化がなかったため、焦ってきました。
すぐに変化が出る人もいるということだったので・・・
でも続けているうちに3週目に入ったころでしょうか、生理前よりも強い痛みがあらわれて、はかってみると1カップ大きくなっていました。

 

それからはモチベーションが上がり、積極的にバストアップに取り組むことが出来ました。結果、2カップバストアップしました!
バストが急に成長してブラがキツくなっていくのがすごくうれしかったです!
ブラを買い替えるため店員さんにサイズを測ってもらうのも今では自信満々です。
今までは恥ずかしいなぁと思っていたのですが。。。
パット付のブラも必要なくなりました。

 

早まって豊胸手術をしなくてよかったです!
これからもヒラクアップを続けていき、もっともっと最高の美しいバストでいられるように頑張ります。
(25才・会社員)