バストアップクリームの効果と副作用

バストアップ,クリーム,効果,副作用

 

バストアップのためのクリームは、毎日使用するものですよね。そのためには、なるべく体に優しく副作用がない物を選びたいものです。

 

また、肌が弱い人の場合、成分が合わないと肌荒れなども起こしてしまうので、どのような物が配合されているのかという点にも注目をした方がいいでしょう。

 

注意したい成分

※ボルフィリン
バストアップクリームに含まれている成分では、近頃ボルフィリンという成分が話題となっています。ボルフィリンには脂肪を増殖させる働きがあるので、胸を大きくできると言われているのです。
ボルフィリンが使われているクリームを使用した後は、すぐに手を洗いましょう。手のひらに脂肪がすぐについてしまうことはないですが、毎日使う物なので、早めの手洗いを心がけた方がいいのです。

 

※ハイドロキノン
ごくまれに、ハイドロキノンを使用しているバストアップクリームもあるようです。化粧水に使われることが多いハイドロキノンは、美白効果が期待できるので、バスト部分の肌がきれいになると言えます。
しかし、元々効果が強い成分なので、肌が荒れるという副作用が起こり得ます。

 

他にも、バストアップクリームには色々な成分が使用されているので、どれが自分の肌に合わないのかはわからないです。使用する前に、腕の内側など目立たないところに塗り、パッチテストをしてみましょう。

 

さらに、信頼性が高い会社のバストアップクリームを使用することも大事です。電話やメールで問い合わせにしっかり応じてくれる会社は、副作用が出にくく安全な商品を販売していると言えるでしょう。